パートナー企業

    専門用語がすぐわかる
    任意売却と
    競売の用語集

住宅ローンの返済が出来ず、裁判所から届いた通知や。突然届けられる案内。耳慣れない言葉に戸惑うのではないでしょうか。解らないことがたくさん出てくると、不安、焦りが一層つのるものです。そんなとき、用語がわかるだけでも、気持ちは全く違います。そんな時にこの任意売却・競売用語集をご活用ください。






お電話によるお問い合わせ
日本全国フリーダイヤル
0120-994-515
携帯・PHSからも
ご利用になれます
ブログバナー

任意売却・競売用語集

 任意売却とか競売などは、自分の人生の中でそうそう経験するものではありません。従ってこの分野で使用される単語とか用語の意味は知らなくて当然です。ですが、万一、ご自分がそんな経験をすることになってしまった時には、言葉の意味知りませんでした、では済みません。また、使われる単語の意味、用語の意味を事前に知っているだけで弁護士または任意売却の業者の説明を十分に理解することが出来るでしょう。意味を知らない単語は耳を素通りしてしまいますが、意味を知っていると説明は脳に記憶されます。
 任意売却や競売に関しての説明は理解・納得するまで何度でも依頼している弁護士、業者、または依頼をしようとしている方々に遠慮無く行なってく ださい。しばしば目にする問題は『言った言わない』、『聞いた聞かない』という、会話の原点でのトラブルが多いようです。限りなく問題の発生を 少なくする意味でも任意売却・競売用語集をご活用下さい。

任売

 任売とは任意売買または任意売却の略語です。時々、任買という文字を使っているサイトを見かけますが、任買では無くて任売です。任買という書き方は間違いです。任売とは、住宅ローンの借入金の支払いが困難になった場合、債務者(所有者)と当権者(債権者)の間に仲介者が入り、不動産を競売では無く一般の売買のように所有者・債権者・買主の納得のいく価格でお取引を成立させることをいいます。不動産ローンの返済が或る一定期間滞った場合、金融機関等の抵当権者は、抵当権に従って所有者の不動産を競売にかけ、現金化して回収しようとします。競売ですと、いくらで落札されるかは開札日までわかりませんし、また落札価格が市場価格より2〜3割低い価格になることもりますし、費用がかかってまいりますので債権者側としても任売での処理を好みます。そこで任売業者さんとか弁護士先生などが仲介者となって、債務者(所有者)と債権者の間に入り、なるべく両者に満足のいくような価格で契約をまとめることが任売の特徴です。任売の落とし穴、任売専門業者さんであれば普通はかかりませんが、中には色々な名目を使って相談料を取る会社さんも有ります。料金を取ることは違法行為ではございませんが、それが不動産業者の場合ですと違法行為となります。任売業者が行う任売の料金は債権者側からお支払いを受けます。したがって、顧問料とか相談料とか○○料などは払う必要はありません。もし、不動産業者からそのような項目の料金の請求を受けたら業者を変えましょう。また、任売の処理が完了し、清算という時点で色々な名目を付けて引越代から差し引いてくる業者さんが居ます。例えば、引越代として100万円、その中から残置物処理費用40万円、事務処理費用10万円、物件販売諸経費20万円、交通費10万円、差し引き20万円が立ち退き費用という形で支払われたケースが有ります。上記のケースは引越代100万円とうたっていた不動産業者さんで実際に取られていた手法です。中には1万円とか5千円しかもらえなかったという相談も寄せられております。また、1万7,000円の相談料を支払って、ある債務整理のカウンセラーさんに任意売却のご相談をされた方がおります。そして、そのカウンセラーさんから得た 回答が『住宅ローンを6ヵ月滞納してください。6ヵ月滞納しないと任意売却できません。そして6ヵ月後にまたお電話をください』といわれたそうです。たったこの アドバイスを受けるのに17,000円とは驚きです。任売業者さんであればこのレベルの回答は無料です。また、司法書士先生、弁護士先生方も任意売却のご相談は有料です。自己破産とか他の債務整理がからまないのであれば、先生方にお願いをしなくとも任意売却の専門業者さんで十分です。住宅ローン・不動産ローンの返済に行き詰まってしまわれて、競売の危機に立たされている方々に取っては、例え1円でも大切なお金です。支払わなくとも良いお金は支払うのは止めましょう。任意売却をして人生をリセット・リスタートするためにも、1円でも多くのお金を蓄えることにすべきでしょう。任売と競売の比較 - なんと言っても債権者・抵当権者との間に入ってくれる任売業者という代理人・エイジェントが入ることが挙げられるのではないでしょうか。そしてこの代理人が任売後に残るローンの残金支払いの交渉をしてくれるということです。競売の場合は残る借金の返済額は一方的に債権者より月々いくらいくらでお願いしますと押しつけられます。それが、例えば月々1万円(任売の場合)か月々7万円(競売の場売)かの大きな違いが有ります。任売後・競売後 - 任売の終了後、たぶん3ヵ月後とか6ヵ月後にかけてサービサーなどより色々な書類が送付されてくると思います。そのような時に、任意売却を選択し業者さんを利用しているば気軽に無料でアドバイスが受けられると思います。競売で処理されてしまった場合、誰に相談 すればよいのでしょう。任売業者さんも色々! 2ヵ月3ヵ月の短い経験で任売業者として事業を始めてしまう方々が激増しているようです。ホームページを見ただけでは、10年も20年も任売を経験しているような内容です。経験の余り無い業者さんの多くに共通していえることは、彼らのホームページの内容です。経験の無い業者さんのホームページは他社さんの模写・真似・コピペで成り立っている場合が多いようです。10年・20年任売をやっている業者さんのホームページをコピペでパクるだけですので、内容は同じように10年・20年の経験が有るようになるのは当然ですね。

まずはお電話下さい!! ご相談・ご依頼は無料です。

たった1本の電話で、住宅ローン滞納の悩みから解放されます。

3つの約束1 相談料・成功報酬等、持ち出しは一切ございません
2 残債の処理・引越代に関して親切丁寧にアドバイス
3 金融機関・職場・近隣などへの秘密厳守。電話勧誘等は行ないません。

電話・メール相談の前に必ずこちらをご覧ください

 私たちは一戸建て住宅やマンションをはじめとして、不動産全般の任意売却業務を取り扱っていますが、どのようなときでもそれで処理しようとするわけではありません。お客様の事情や立場を十分にお伺いしたうえで、住宅ローンの返済を無理なく続けられる方法はないのか、ご自宅を手放さずにそのまま住み続けられる方法はないのか、任意売却以外に何か良い方策はないのか…といったことをまず初めに検討いたします。やむを得ず不動産を手放すしかない」というときに、競売を回避する手段として提案させていただくのが任意売却です。
住宅ローンの支払いに不安を感じたら日本再生支援機構へご連絡ください。ご相談・ご依頼は無料です!

フリーダイヤル 大
メール相談 大

任意売却・任意売買を取り扱う専門業者としての誇り

 任意売却による債務整理は、ただ単に不動産を売却すればよいというものではありません。不動産所有者(債務者)が物件を処分した後、売却に至るまでの個人情報、残った債務をどうするのかといった重要な問題を伴う業務ですから、慎重に取り扱うことが求められます。
 そのためには十分な経験と知識とが欠かせないほか、多くのケースでは弁護士や司法書士の先生など各専門家の協力も必要です。いかに先生方との協力体制ができあがっているのかが担当業者の実力でしょう。
 また、売却後に残ったローン(残債務)の支払いについて、できるかぎり依頼者(あなた)が納得できる水準の金額で決着できるように、最善の努力を尽くすことが任意売却専門業者の誇りだと考えています。